前世療法・前世リーディング ブログ

~前世リーディング 前世療法 ヒプノセラピー~

私の前世① パレスチナ

初めての前世誘導

 

 前回に述べた一宇先生のセッションを2019年5月に

東京で受けさせて頂いた。

forest888.html.xdomain.jp

 

温厚な先生の雰囲気に安心しつつ、

内心自分の前世をみるということへの不安と期待でドキドキ

 

まずはカウンセリングを受ける

そこで自分の思考パターンや考え方の癖を見極めていく

 

死別した最初の夫と話したい、ハイヤーセルフと話してみたい、

どうして自分の両親を選んだのか知りたい・・等々希望も伝えつつ・・

 

カウンセリング自体も考え方のくせが明確になり自己分析ができ

既に少しすっきり♪

 

 

それから初めての誘導へ・・

 

まずはチャクラの浄化をして頂き、催眠誘導へ

 

 

ドキドキしていたのでこんな気分で前世なんて出てくるのか!?

と不安がありつつも先生の穏やかな誘導は進み、とうとう

『さあ そこにいます』

と前世が見えてくる(感じだす)ところ

まで来た!

 

・・・感覚を研ぎ澄ませ、何か感じるか試してみる

・・・大体30秒くらいたったころだろうか

 

外にいる、草原にいる

 

という感覚が湧いてきた

 

誘導してもらいどんどん見ている場面を掘り起こしていく

 

最初の場面~

 

質素な服

草原で一人で遊んでいるが寂しい気分

5歳くらいの男の子

パレスチナ・・これは途中でふと口をついて言っていた

 

家族と一緒にいる場面へ~

 

父、母、兄がいる

 

四角い白い壁の家

入口にドアはなく四角くくり抜かれたような形状

 

木製テーブルがあり、家族で座っている

仲良さそうだ

 

その家族の中に知っている人はいる?

 

と聞かれ一人一人に注目してみると・・

 

お髭ふさふさの大男の父親の姿に亡くなった最初の夫の姿が

重なって見えた!!

 

思わず息をのんだ

こんな風に前世の人と現世で知っている人は見えるのか・・!

 

母と兄はわからない

 

重要な場面へ誘導~

 

家のすぐ脇に木が生えている

そこに木箱がある

 

私はその木箱に入って息を潜めている

 

どうやら村が襲撃されたようで私はとっさに

そこに隠れたようだ

 

襲撃が終わり、一人木箱からでて辛い事実を突きつけられた

 

村中の人々が死んでいる・・

家族も皆殺された・・・

 

重要な場面へ誘導~

 

17歳になっている

草とかそんなものを食べて生き繋いできた

 

感情なんてない・・心の中は空虚だ

 

自分の家とは違うが似たような四角くて白い家の壁に

もたれかかる

そのまま餓死・・

 

幸せになりたかった・・

 

死後の世界へ~

 

死後に家族と会えた

 

安堵感・・

 

母親に食事を作ってもらう

 

豆を煮たものを作ってもらい、子供に戻った私は

すごい勢いでおなか一杯になるまで食べる

 

最初の夫の前世であった父とも話をさせてもらう

(これは次回に詳しく書きます!)

 

『どうして今回の人生を選んだの?

との質問に、

 

『家族のいない寂しさを経験することで、家族の大切さを学んだ』

 

と答えた

 

次の人生はどうしたい?との問いには

 

『いっぱい食べたい・・』

 

そこか、私?

 

まぁそうよね・・飢えて亡くなるなんて

究極の経験だったもんね・・・

 

初めての前世誘導の感想

 

全く想像もしていなかった前世

 

でも人から言い当てられるのではなく何より自分で思い出してる

ってことから疑いようがない・・

 

あとでパレスチナを調べたら

建物の感じや食事が私の思い出した内容と一致してるし・・

 

今回のセッションではまだいくつかの

前世を思い出させてもらいます

 

その紹介はまた別投稿で♪