前世療法・前世リーディング ブログ

~前世リーディング 前世療法 ヒプノセラピー~

前世リーディング♡ご感想3

 

こんにちは、ヨコモコです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

また前世リーディングをシェアしたいと思います!

 

 

今回は、芽衣さん(仮名)、私の学んでいる前世療法の仲間です

 

旦那様がいらっしゃる新婚さんなのですが

旦那様に言いたいことが言えない、そして何か言われるとしゅんとなってしまう・・

という悩みをお持ちでした

 

なので旦那様との関わりの深かった前世をみてきました・・

 

芽衣さんに恐怖心が強くあったようで、スムーズに前世へは行かず、最初はこんな感じからでした。

 

*********************************

 

芽衣ちゃん自身が見える。ちょっと若い芽衣ちゃんがべそをかいている様子。

『どうしていいかわからない。助けてほしい。心がもう疲れている。』そう言っていました。

 

『芽衣ちゃん大丈夫?よく頑張ってきたね。ずっと頑張ってきていることわかっているよ。一緒に前世で何があったのか見に行ってみよう。旦那様と前世でどんな関わりがあったのか。明らかにして。そこからまた新しいスタートを切ろうよ。』

そう話しました。

 

 

すると野原に来ました。

芽衣ちゃんがニコニコ、はしゃいでいる。

 

とても美しい場所。ここは私にとっての天国と芽衣ちゃんが言う。

疲れた時とか眠った時とかここにきて、心の平穏を取り戻すの。と。

 

 

 

『ここから芽衣ちゃんの前世に行けるの?』

 

『怖い。明らかにするのが怖い。』

 

『芽衣ちゃん前世療法で明らかにするとみんな楽になるのは知っているでしょ。

芽衣ちゃんが一番それ分かっているよ。何も怖いことなんてないし。

神様があなたを罰することもないし。あなたはこれからとっても楽になれるのだよ。』

 

 

そしてもう一度前世へと向かいました。

 

 *********************************

宇宙が見えます。宇宙船で移動中。

 

ファンタジー, 宇宙, スペース, 宇宙船, 銀河

 

宇宙船の中は、何人かの宇宙人がいる。

みんなそれぞれの担当の仕事をしている様子です。芽衣ちゃんの前世の人は

記録係みたい。

(性別は感じません。全体的にシルバーで形は人間に似ている。芽衣ちゃんの前世のこの宇宙人をEさんとさせてもらいます。)

 

 

 

どこかの惑星に、助けに来ました。

この星は住めない状況になっていて、生き残った人たちを助けています。

 

 

傷ついたような人たちを、どんどん宇宙船の中に運び込んでいます。

助けた人の中に旦那さんがいる。(今の旦那さんの顔でした。これからDさんとさせてもらいます。旦那のDさん)

 

 

できる限りの助けられる人を全員宇宙船に乗せて、宇宙船はまた飛び立ちました。

 

 

 

それから自分たちの星に戻りました。そこはとても近代的で進化した星です。

 

先ほどの星は砂漠みたいな雰囲気でしたが、戻ってきたこの惑星は、もう超高層の建物がいっぱいあって、空飛ぶ車がいっぱい走っている。

 

そして連れてきた人たちの中には苦しんで、怪我している人もいるので

一人一人ベッドに横になってもらい、診察している。

 

Eさんは、その記録を取っています。

 

怪我をした存在たち中の一人にDさんもいます。

 

 

Eさんは感情があまりなくて、淡々と仕事をこなしている。

 

 

そして、Eさんは何か大事なことを知ってしまったようです。

今回救った人たちの体内に、汚染物質があるということを。

 

 

この人たちを、私たちの星に残しておくことは、危険である・有害であるということを発見してしまった。それはデータを分析して記録してという任務の中で見つけてしまった。

 

 

ではこの救ってきた人達はどうするのか、

このことをみんなに言ってしまったら、この人たちはどうなるんだ!?

 

 

有害物質はこの人たちが遺体になったとして、地中に埋めるとそれもよくないこと。

この物質が、この星に残ること自体がよくない。

 

そして・・DさんとEさんが話をしている。

 

Dさんはすごい頭のいい人で、この人なら話せる、相談できるとEさんは判断しました。真剣に話し合いました。

 

お互いに、当事者だからできる話です。

第3者は入れられない、そういう真剣な話し合い。

 

 

Dさんもとても、動揺しているのですけど、解決策を必死に見出そうとしています。

 

Eさんが感情なく淡々としていたと感じたのは、この葛藤を背負っていたから。

 

 

そしてDさんが我々を処分してほしいということ、宇宙のかなたに放ってほしいということを言いました。

 

Eさんはその結論をとても悲しく感じています。

唯一相談できる人だと思って相談した。もっといい解決策があるはずだと。そういう期待をしていたので・・その答えがとても悲しかったのです

 

 

わざわざ救ってきた人たちを、自分の手で。

そんなことできるのだろうかって。

 

 

 それからもうずーっと、一人で葛藤している。

 

この人たちがこの星にいるのは、環境にとって良くない。

それも分かっているので、一人で頭抱えている。

 

自分がどうにかなって皆が救われるならそれそうしたい。

だがそうしても意味がない。

 

何が最善なのか!?

 

 のコロナウイルス, Covi-19, Coronavirus, 流行, 中国, 衛生, マスク, コンタクト

 

そして上司に、正直に報告することにしました。

 

今までの経緯、今までの記録・報告をまとめて。 

今まで黙っていたことも謝りました。

 

 

 

 

それから、その救ってきた人達について、今で言う伝染病患者の扱いになり

シェルターの部屋が用意されてそこに全員入れられました。

 

あらゆる物質を完全に通さないシェルター。

 

完全防備をしてこのシェルターの中に入るような感じで、それこそ今のコロナ患者に対するようです。

 

 

このシェルターは厳重警戒ということで管理をされ、中に入ることはできない。

 

 

そういう決定となったので致し方ないのだけれど、このことを思うと胸が痛くてしょうがない。涙が出ている。

 

 

その中にいる話し合いをしたDさんのことを思うと、本当に切なく、あの中でどうなっているんだろう、どんな思いで過ごしているんだろうと思っています。

 

  

それから、Eさんは記録係の仕事を辞めました。

 

 

環境保護をするような仕事がしたいと

自分の星の環境を守るような仕事に変わりました。

 

 

ただ、胸の中にはのシェルターがどうなっているのかっていうことは常に気になって

心に引っかかっています。

 

 

それから月日が経って、シェルターの中の人々がみんな亡くなった事を知りました。

それを知ってまたとても悲しんでいます。

 

 

助けられなかった・・Dさんのこと思って泣いています。

 

 

相談した時に、どうしてもあなた方を助けたいのだと話しました。

 

安易にそんなことを言ってしまったということ。

そういったことにも自分自身が今苦しんでいます。

 

 

それから亡くなったシェルターの人々のために、祈りを捧げています。

 魂が少しでも浄化されて、明るいところに行けますように・・

 

 

もしDさんにまた出会えたら何でもわがまま聞くよって、その時にそう思ったそうです。

 

 

 

それからEさんの星は環境が素晴らしいくて、とても美しい星です

近代的なのだけども、クリーンエネルギーなので空気が綺麗。

 

 

大気汚染や環境破壊とかになっていないくて、非常にバランスの取れた文明。

 

 

今そこにいることに感謝をしています。

 

そして、

 

シェルターで亡くなった人々にも、

 

 

その方々のおかげでこうして今も環境が保たれている。

その方々にも感謝をするという境地にも立つことができました。

 

 

それから、自分の経験したこと

それを後世に残すために自分のデータを残しています。

 

 

そして、人生を終了しています。

 

ただ光が消えて真っ暗になるような感じです

スイッチを切ったみたいな感じです。

 

 

魂になると、エネルギー体になりました。

 ***************************

 

それから芽衣ちゃんがいた花畑、あの綺麗な天国だと言ったところに戻ってきました。

 

魂だけになったEさんに質問をしました。

 

この人生はどんな人生でしたか?

 

守りたいものを守れなかった。葛藤の中で判断ができなかった。

 

 

この人生どうだったら良かったと思いますか?

 

分からない。救わなければ良かったのか。行ってよかったのか。

救った後に他の判断があったのではないか。自分の記録の中にもミスがあったのではないか。分からないことが多すぎる。

 

 

魂だけになったEさんの目の前に、シェルターに中にいた人々の魂が現れます・・

 

するとみんなとても暖かい笑顔で現れてくれました。旦那さんの魂もそこにいます。

 

Eさんは、皆さんの姿を見て泣き崩れています。

ごめんなさい、ごめんなさいと泣き崩れています。

 

 

でも皆さんは、あなたの事を責めるつもりは全くなくて、手を差し伸べて

こちらへおいでって言ってくれています。

 

 

みんながEさんのことを取り囲んでくれます。旦那さんもいます。

 

あなたは何も悪くない。あなたはずっとわたしたちを救おうとしてくれていた。

あなたは素晴らしい。

放射能に侵されたことは私たちの運命だったの。

あなたは必死に救おうとしてくれていただから、そんなに自分を責めないで

 あなたのせいではない。

 

 

Eさんはちょっと上を向くことができました。

 

 

Dさんはあの状況で自分も死ぬということを選んでいた。

他に解決策なんてなかったから、もういいんだよ。と。

 

 

芽衣ちゃん、あなたは旦那様に今回の人生を始める前に

何かお願いしませんでしたか?

 

あなたの願いを叶えさせてと言いました。私はあなたのどんなわがままだって聞くと。

 

旦那さんはそれについてなんと答えたの?

 

それであなたの気持ちが済むのならするけれど、本当はそんなことは望んではいない。あなたの願いだから叶えるけれど。僕たちそんな程度の関係じゃないだろう。

一緒にこれから解決策を見つけて行きたい。

 

 

Eさんもちょっと目が覚めたようす。 

旦那様のわがままを聞いたら、私の気は済むけれど、

本当に彼の気は済むだろうかって今思えるようになりました。

 

 

 

今夫婦でいる。

 

これからも、夫婦でいるんだからわがままを聞くのではなくて

二人で協力して、道を見つけて行こう。

 

 

 

それから・・芽衣ちゃんの魂の傷ついていた部分を癒して・・

今の芽衣ちゃんと前世の芽衣ちゃんを統合しました。 

 

 *************************************

 

芽衣ちゃんの、旦那様に言いたいことが言えない思いの根底には

彼の我儘を叶えたいという、魂からの願いがありました

 

 

全ては愛から生じている

全ては愛なんだよ

 

そのことを感じさせてくれたセッションでした

 

 

芽衣ちゃんの魂が癒され、これからはお互いに意見を言い合って

進んでいける・・そんなご夫婦になってくださいね♡

 

 

 

ではまた~☆彡

ヨコモコでした!