前世療法・前世リーディング ブログ

~前世リーディング 前世療法 ヒプノセラピー~

今日の気づき ♡ プライドの高い人に最近何度か出会った理由

 

こんにちは、ヨコモコです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

 

最近ですね、プライド高いわぁ・・って

思う人に出会うことが何度かありましてね

 

 

なんでこんな人にわざわざ出会ってるんだろう・・

私の中にある傲慢さを教えてるんだろうかって思ったり、わが身を振り返ったりしてました

 

 

人から何かを感じるときは自分の何かが反応しているだけってことをもうわかっているので・・

 

 

今日、何故に私は今こういう人と出会っているのかちゃんと掘り下げてみました

 

 

自分の内面を掘り下げていくと

私の場合、色んなイメージが映像的に出てきたりします

 

 

それが前世なのか私のイメージなのかはわからないけど

それもどっちでもいいと正直思っています

 

 

前世リーディングをやっているときも

前世だけではなく今のその人自身の内面を表すイメージが出てきたりして

 

 

そのイメージは毎回とてもよく心情を表現しています

 

だから夢物語のようにも聞こえるけど

それが心に響くんであれば、それでいいって思っています

 

 

では私のみた夢物語をどうぞ(笑)

 

*************************************

 

プライドが高い人が私の前に現れるのはどうしてなのか

 

 

その原因に行ってみました

 

Buddhism, Chines Buddhism, Buddha, Religion, Zen

 

自分自身がインドの黄金の仏像に入っている

崇め奉られて、お供え物をされて、きれいに磨かれている

それにとても満足していた

 

 

ある日とても汚れた母子が祈りにやってきた

 

私を見上げているその母子をみて、綺麗にしてあげたいと思った

 

 

私は自分の手で二人をなでて、汚れを取り除いてあげた

すると私の手にその汚れがついた

 

 

それを見て自分がきれいなままでいるうちは、救うことはできないんだと思った

相手が汚れていて、その汚れをとるには自分を汚してとってあげなければと

 

 

それから上空からインド全体を眺めている

 

自動車が沢山行きかっている

大気汚染が進んでいる街

 

その大気汚染を自ら吸って汚染が進まないようにしていた

少しでも大気汚染が良くなればと思って

 

 

 

しかし違和感を感じる

これには何か思い違いがあると・・

 

 

自分がきれいなままでは人は救うことはできない

とか

人から汚れをとるには、自分が汚れなければならない

 

 

というのは本当だろうか

 

 

自分が黄金の仏像だとして、汚れた母子がやってきたときにその二人を暖かく愛で包んであげる

 

 

それだけで母子の気持ちを楽にしてあげられるのではないだろうか

 

 

自分が汚れる必然性は本当にあるのだろうか

 

 

一番大切なものは相手への思いやりや情であって

救うかどうかとか、私がきれいなのか汚れているのかではないということ

 

 

もちろんこれは人のために泥だらけになることについて、その必要はないと言っているのではありません

 

 

誰かのために一生懸命に何かをするということは美しい事

 

 

ここで私が気づいたことは

相手が汚れているならば、自分も汚れなくてはいけないという思い込みが私の中にあったということ

 

 

その思い込みがあったからこそ、プライドの高い人と接したときに

 

 

この人プライド高いと思う

 

➡️プライド高い、傲慢やなぁ・・

 

➡️あなたはきれい、私は汚いと言われているような感じを受ける

 

➡️相手が汚れているならば、自分も汚れなくてはいけないという思い込みのあった私はあなたはそれでいいの?と思う

 

 

こんな風に私が反応していただけということだったんですね

 

 

☆人生の法則☆

 

人を見て何かを思うときは、自分の中にある何らかの思い込みが反応している

その人はあなたの中にあるものを浮き彫りにしてくれているだけ

 

 

私がプライド高いなって思った人達は

私にあった思い込みを教えてくれました✨

 

 

また一つ気づきをありがとうございます♡

 

*************************************

 

 

誰かのグチを言いたくなったあなた、前世リーディングを受けて自分が反応している原因を見つけてみませんか(*^_^*)

 

前世リーディングメニュー

https://www.amanosato-blog.com/reading_menu